2016/08/22

Architectsを振り返る。

先日大変残念なことに、イギリスのメタルコアバンド、ArchitectsのギタリストTom Searleが逝去したことが発表されました。
https://www.facebook.com/architectsuk

3年以上ガンと戦いながらバンドの活動を行っていたとのことです。
Architectsは2004年にGtのTom SearleとDrのDan Searleの双子の兄弟を中心に結成されました。
当時は平均年齢17歳のバンドだったそうで、今までに7枚のアルバムをリリースしています。

初期は今よりもかなりハードコアよりの楽曲が多く非常に荒々しいです。


上記の曲は2009年にリリースされたHollow Crownに収録されています。

また、年数を経ていく中でより楽曲が洗練されていくと同時に世界中で知名度を挙げていくことになります。
来日も一度していますね。
そんな中でArchitectsは楽曲で非常に社会的メッセージ性の強い楽曲を発表することが多くなってきますね。(主に環境に関してのことが多いです。)




中でも"These Colours Don't Run"はライブでも十八番の曲で、好きな方も多いのではないでしょうか。

Architectsは毎回のアルバムごとにコンセプトがしっかりとあり、アルバムごとでバンドの音楽性がかなり異なります。かなりコンスタントにアルバムをリリースし、毎回ファンを飽きさせることなく、また非常に挑戦的なバンドです。
今年もアルバムをリリースしていますので、まだチェックしてない人はぜひチェックを!


これからのArchitectsの活動としてはまだ、わかりませんが今までの活動の中でTomが私達に与えてくれた感動や影響に最大限の感謝をし、これからもArchitectsをサポートしていけたらと思います。


また最後にTomがすごした団体に寄付ページが開設されています。
https://www.justgiving.com/fundraising/thomassearle

心よりのご冥福をお祈りします。

りーち