2016/05/31

ILLIDIANCE : チャリティイベント義援金を熊本に送りました!


2016年5月21日 (土曜日) 新宿西口音楽館にて開催した、"ILLIDIANCE (from Russia) Japan Tour 熊本地震チャリティイベント"は、無事終了し、本日義援金の振込が完了いたしました!

当初告知した通り、イベント開催費を除く全てを、日本赤十字社 (http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/) が行っている"平成28年熊本地震義援金"を通じ、5月中に振り込みをさせていただきました。受領証が印字されている明細表のスキャンデータを、振込の証明とさせていただきます。


イベント開催費 (会場レンタル代、バンド交通費)を除いた義援金総額 "20,657円"を日本赤十字社主催の平成28年熊本地震義援金に振り込みました。


海外メタルアーティストのチケットフリーイベントによるチャリティライブ、しかもスタジオライブでの開催というのは、日本国内では聞いたことがなかったし、開催当日までどうなるものかと思いましたが、2万円を超える金額を義援金として作れたことに、RNR TOURS、ILLIDIANCE一同とても感謝しています。


スタジオの機材環境に若干苦戦しましたが、50分間精一杯のライブを行ったILLIDIANCE。ステージとフロアの境目のない環境は、ILLIDIANCEのキャリアとしても初めて(!)のことだったらしく、お客さんと熱気を共有しながら、終始笑顔でライブを行うことができました。

イベントブッキングに際し、バンドにもこのイベントの趣旨を説明し、全員が賛成してくれました。日本で多くの地震が起こっていることは、ロシア出身の彼らも良く知っていて、地震発生時の状況について、いろんなことを質問してくれました。

ヘヴィであることを重要視するメタルアーティストにとって、今回のスタジオライブの環境は少し難しいものがあった。主催した僕らにとっても、バンドにとっても、どんなに努力をしても解決できない問題があり、ライブハウスで鳴らすことができる重低音をお客さんに100%提供できなかったことは、少し悔しかった。バンドもRNR TOURSも、とにかく楽しいイベント作りを心がけ、電飾や大きなバンドフラッグを貼り付けたりしながら、D.I.Yなイベント空間を作った。

当日ご来場いただいた皆さんには、たくさんの義援金を頂いた。中には、こつこつと貯めたであろう貯金箱をそのまま持ってきてくれた方もいた。もちろん少額で入場した方も多かったが、「頑張ってください!」と声をかけてもらえたり、差し入れももらえたことが、このイベントを企画した僕らRNR TOURSの大きなパワーになったことは間違いありません。

終演後、バンドフラッグをバックに、急遽バンドとお客さんとの撮影会を行った。彼らの来日を待っていてくれたファン、RNR TOURSのイベントにいつも遊びにきてくれるサポーター、バンドも僕らもいろんな話をしながら、楽しい時間を過ごした。

ロシアからはるばる日本まで、ファンに会いにきてくれたILLIDIANCE。本当に嬉しそうにファンと写真を撮っている姿にうるっとした。私もお客さんと喋る機会があったので、今回のイベントの事や、これからのイベントの事などを話した。

これからも海外アーティストのチャリティライブを企画してほしいとの声をたくさんいただき、僕らがツアーを通じてどんなことに挑戦していくべきか、の答えをひとつ見つけた気がした。海外アーティストのライブを観ることが誰かの助けになったら、とても素晴らしいことだと思うし、今回達成したことを元に、もっと大きな規模で同じ趣旨のイベントを開催することにも挑戦したいと思った。

最高の機会を作ってくれたILLIDIANCE、そしてサポートしてくれたファンの皆さん、本当にありがとうございました。ジャンル問わず、誰かが助けを必要としていたら、僕らが出来ることに挑戦してみたいと思います。その時は是非、皆さんのサポートをお願い致します。

RNR TOURS