2016/05/02

初期スクリーモのすすめ

現在、ポストハードコア、メタルコア等の音楽が徐々に地位を確立していく中でその先駆者的な存在となっているのが主に2000年代前半から活躍してきた今で言う初期スクリーモバンドである。
私自身も高校生のときおもっきりハマッていたジャンルである。
今ではポストハードコアや、メタルコアとよばれることが多いが、彼らの台頭がなければ今日ここまでジャンルとしての広がりはなかったであろう。
今回はそんな中から改めてみなさんにお勧めしたいバンドをいくつか厳選してみた。

まず紹介したいのがイタリア出身の"Hopes Die Last"である。意外にも来日したこともあるバンドで自分自身は学校のテストと日程がマルかぶりしてライヴにいけなかったのをよくおぼえている。
最近の楽曲はメタルコアよりのサウンドだがデビュー当時は非常にアグレッシヴで感情むき出しなスクリームとバランスをとるクリーンボイスが絶妙でいい意味で若手っぽく荒削りであっという間に曲が終わってしまう印象がある。好き嫌いはわかれるかもしれないが個人的にはぜひ聞いてもらいたいバンドである。



二つ目はいわずも知れた"Underoath"である。日本にもファンが多くこのバンドの影響を受けたバンドマンも多いのではないか。個人的には高校生のとき、アメリカ人の友達が今のこのバンドを知らないアメリカの若者はいないよと言われたことがかなり印象的であった。このバンドは楽曲のクオリティももちろんだが、クリーンパートを担当するドラムのAaronは当時の若者には革新的でかっこよかった。当バンドは2012年に解散していたが、2015年に再結成を宣言している。



三つ目に紹介するのが、アリゾナ出身の"Blessthefall"である。デビューから今日に至るまで非常に人気のあるバンドで初心者も聴きやすいバンドではないだろうか。初期スクリーモバンドにありがちなボーカルチェンジを彼らも体験している。楽曲ではノドが切れてしまうのでは?と思うよう様なパッションのあるスクリームとクリーンパートの掛け合いが絶妙である。現在も第一線で活動しており、非常に安定感のあるバンドである印象がある。



今回最後に紹介するのが今もなお第一線で活躍を続けているバンド、"A Skylit Drive"である。最近、元Motionless In WhiteのBarandon Rageがドラマーとして加入し、去年新アルバムをリリースしたバンドだが、前任のCory La Quayもかなりの人気があった印象である。このバンドはBlessthefallらと共に時代を牽引してきたバンドであり、あらためて初期から現在までを聞いて欲しいバンドである。



りーち