2013/10/16

Interview:028 For The Blood : Home Run Japan Tour を終えてのインタビュー


今回For The Bloodとしては初の海外バンドとのツアーとなりましたね。ツアーを終えた今、このツアーはバンドにとってどのような経験となりましたか?

日本のバンドとも、そこまで沢山ツアーを一緒に回ったことがなかったし、ましてや海外のバンドとのツアーで、俺達は英語もろくに話せない状況だったから、最初はどうなるかと不安に思ったけど全然大丈夫だったね。冗談も言い合えたし、お互いのスタイルとかライブについても話せて、少しかもしれないけどフレンドシップが生まれたことは本当に嬉しかったよ。


Home Runの来日ウェルカムパーティーでボーカルのファウジと、互いの政府について話してましたよね。マレーシアにも原発建設計画があり、それに対して多くの国民が反対している中、政府は原発建設計画を推し進めている現実。日本の原発に対する国民感情に非常に近いものがマレーシアの世論にもあると思いました。"NO

NUKES"という思いは、日本国民だけの感情ではないということを強く実感できた瞬間だと思うのですが、外国人の彼らと原発について対話してみて、こうすけさんが感じたことはありますか?

やっぱり世界の人に"日本が世界の人にどう見えているか"、そして"他の国でも日本の政府の様な民意に背くようなことが行われているのか"っていう事を聞きたくて、そういう話をしたんだよね。そしたら同じようなことがやっぱり行われててさ、、やっぱり権力者はどの国も同じだなと思ったよ…。でもそこで対抗する世論だったり、国民の抗議が必要だよね、彼らも曲の歌詞にはそう言った内容を盛り込んでいるみたいだし、ハードコアは世界共通でそういうことを言える音楽だと信じているから気持ちを共有出来て嬉しかったよ。


ツアーが進むにつれて、Home Runとの距離も縮まり、最後はお互いのバンドマーチを着てましたね。国境を越えて、"NO NUKES"という共通意識を音楽の中で持てた事は素晴らしいことだと思います。この体験からどのような事を感じましたか?


そうだね。俺たちはユースクルーのバンドでもないし、ストレートエッジとは相反するかもしれないけど、それでもお互いを認め合い、分かり合えたと思ってるよ。ライブも純粋に楽しめたし、色々まじめなことも馬鹿なことも話せてコミュニケーションがとれた。これで終わりじゃなく、次に繋げていきたいね。For The Bloodもマレーシアに是非とも行きたいね! その時はRNR CREWも一緒に行こう!


最後に告知などあればお願い致します。


11/3に柏DOMeという箱の1周年のお祝いイベントをうちら主催でやります!


面子もうちらにしか出来ない組み合わせだと思うし+1500円で飲み放題にも出来るから是非たくさんの人に来てほしいです!


詳しくはホームページまで!

http://fortheblood.jp/