2011/07/10

Beyond The Blue Tour 2011 (6/29,7/1,7/3) その2


・Tokyo Day 3@渋谷Milkyway (7/1)

この日は東京公演、実質の初日。Milky Wayは渋谷The Gameの上にあるライブハウスで、けっこういいところだった。いろんな友人に会って話したりにぎやかでした!そして全ツしているという人たちとも友達になれて良かった!イージーコア狂いの人とかいて笑いました(笑)

そうしているうちにいよいよスタート。トップのDestineは日本では初のステージ。名曲Sinking Sandで始まり、In Your Arms,Stars,Burnなどなど意外にも知っている曲を沢山プレイしてくれたし、想像以上に素晴らしいステージでした!

そして、いよいよWith The Punches!どれだけ彼らのステージを楽しみにしていたか!日本で盛り上がるのかな?という疑問も吹っ飛ぶパワフルなステージで客のボルテージも最高潮!Burned at Both Ends,Dead Weight,Keep It Goingなどなど、ほぼ全曲プレイしていたかと思います。私は終始最前でシンガロングしまくってました(笑) いやー最高でした…。最後はHulk Handsをみんなで大合唱して終了。盛り上がるかな?なんて思いもありましたけど、まさかの一番盛り上がってたのは紛れもなくWith The Punches。終演後、ボーカルのJesseに「ずっとシンガロングしてくれてありがとう!」と話しかけられてさらに感動しました(笑)

その後もAnarbor,The Summer Setと続き、いよいよMayday Parade。まずこんな小さなライブハウスでこのバンドが観れることが奇跡!始まる前から興奮しまくりでした…。いきなりJamie is Over~Kids in Loveの流れでぶっ飛ぶくらいテンションあがりました(笑) その後は新旧素晴らしい曲を織り交ぜながらラストはGet Up。さすが、モンスターバンドだけあって、音が違いました。特にドラムはDespised Icon,August Burns Redなどのデスコア/メタルコアバンドのドラマーを観た時の衝撃に似たものがありました。ポップロックバンドであんなドラム叩く人はあんまし知らないです。特にスネアの音の抜けとか半端じゃなく良かったです。やはり、すごいバンドだなとステージを観て再実感しました。

With The Punchesの余韻にひたりつつ、みなさんと解散して帰宅。