2011/05/28

Live Report:Agathocles Japan Tour 2011 "Asakusa Extreme" (2011/05/27)


Agathocles Japan Tour 2011 "Asakusa Extreme" at Asakusa Kurawood,Tokyo (2011/05/27)

ベルギー産ミンスコア/グラインドコアレジェンド、Agathocles(アガソクレス/アガソクルス)が遂に待望の来日。80年代結成以来、ノンストップで活動してきた彼らの来日に胸躍らせたグラインダーも多いだろう。三重・四日市から始まり東京2公演、大阪、名古屋、そして彼らの夢でもあったという、日本でのレコーディングと多忙なスケジュールをこなす中、その中盤にあたり、私の誕生日でもある5月27日の浅草公演を観にいきました。簡単ではありますが、ライブレポートしてみます。

●OZIGIRI
都内のブレイクコア/オタク/グラインド。アニメのサンプリングを組み込んだブレイクコアサウンドは海外でも人気が高く、優れたグラインドコアバンドの多い日本で"アニメ+グラインド/ゴア"サウンドはファンも多い。その中でもOZIGIRIはグラインドコアのリスナーにも受け入れられており、Agathoclesのメンバーも絶賛していた模様。

●GO-ZEN
日本発チェコ行きJIG-AI直系ゴアグラインド。JIG-AI,GO-ZENシャツを着た人でフロア前方はかなり埋まっていました。JIG-AI来日しないかなー

●COHOL
ブラックメタル/ハードコア/グラインド。ライブ映えするテクニカル/ブラックメタルサウンドはほんと気持ち良すぎました・・・。

●ZONE DEFECTION
群馬のデスメタル。知り合いのぺーさんがドラムを務めるオールドスクールすぎるデスメタルサウンド最高。曲の輪郭がギリギリでわかるくらいノイジー。

●ABIGAIL
バーフロアで喋りまくってたら終わってました…。BROBのボーカルの方とお話することがあったんですが、BROBはAgathoclesのコピーバンドとして始まったんだそう。その他いろいろと面白い話を聞かせて頂いた。


●Agathocles
いよいよ!Agathoclesが目の前に・・・もちろん最前で鑑賞。

彼らについてはGrind Freaks監修の"Grind Freaks ZINE #2"に掲載されている彼らのインタビューを読むのが一番手っ取り早い。非常に興味深い内容でした。フリージンでライブ会場などで配布されているので是非手に入れて下さい。

簡単にそのZINEから彼らについて引用しますが、多くのグラインダーの疑問であった"ミンスコアとは何か"について。

ミンスコアとは何か?ということについて、AgathoclesのオリジナルメンバーJANはこう言っている。

「俺達にとってはMINCECORE=GRINDCOREなんだ。80年代に始まった社会的。政治的な歌詞やイデオロギーを伴った、RAWでとてつもなく強烈なやつさ。俺にとってGRINDとは抗議することなんだ。だが後に"GRIND"をメタルバンドがプレイし始めて、ポルノやゴアをグラインドに取り入れ出した。俺達はそういったグラインドとは何も関係ない。だから俺達はミンスコアを名乗り、ポルノ、殺人、ゴア、そして派手なメタルリフとは関係ないバンドだと、人々に主張しているんだ」

ベルギーなまりの英語は聞きとりずらかったが、MCもよかった。全35曲ノンストップで駆け抜け、本物のミンスコアを体感することができた!これは非常に貴重な体験だったなと今も思う。終演後ベースのBRAMにピックを貰って感激!友人はセットリスト貰っててうらやましかった・・・



今日、明日とまだまだ彼らのJapan Tourは続きます。お近くの方は是非行くことをオススメします!