2011/03/07

"Kurt Travis"という男

Kurt Travisという男をご存じだろうか?彼はDance Gavin Danceで2008年から2010年までボーカルを務めた男で、"Jonny Craigの後釜"として、Dance Gavin Danceに2008年加入したボーカリストで、現在はA Lot Like Birdsというプログレッシブロックバンドでボーカルを務める男である。

ちなみに、Dance Gavin Danceのオリジナルボーカルであり、現メンバーのJonny Craigという人物はエモ/スクリーモシーンにおいてカリスマ的存在で、Emarosa,Dance Gavin Dance,A Skylit Drive, Isles & Glaciersといったビックバンドでボーカルを務めてきた男である。彼はDance Gavin Danceを脱退後、ソロでアルバムをリリースしたり、新たにIsles & Glaciersなどを立ち上げ、精力的に活動してきた。その間、ボーカル不在のDance Gavin Danceの穴を埋めるべく、Kurt Travisが加入した、ということですね。

カリスマボーカリスト、Jonny不在のDance Gavin Danceは一体どうなるのだろう?と、Kurtを知らなかった当時は思ったのですが、2008年リリースのアルバム、"Happiness"を聴いてその不安は吹っ飛んでしまいました。前作は少し難解な内容でしたが、"Happiness"はとてもシンプルで、Progressive,R&Bテイストの強い、Post-Hardcore,Screamo/Emoと言えばいえばいいだろうか、抜群のグルーヴ感の中にJonnyとタメを張るほど、味のあるKurtの歌声がのってくる。Happinessを聴いて、Dance Gavin Dance間違いないと思ったし、とにかくKurt Travisヤバいと思った。私はKurtの歌声を聴いて、Dance Gavin Danceを好きになったというわけです。マジで。

2010年、Dance Gavin DanceにJonny Craigが復帰するというニュースが飛び込んできました。「Kurtは?」と思っていろいろ調べると、案の定バンドを"クビ"になった模様で、当時のKurtへのインタビューでも「私(Kurt)はバンドをクビになった。私にとってバンドは仕事でしかなかった」と答えていた。とても残念だったし、ボーカリストも大変だなーと同情した。ボーカリストって、ボーカリスト特有の葛藤があるし、それは、どのジャンルのバンドも同じじゃないかと思う。バンドの顔だし、難しいポジションだと思うし、本当にいろいろあるな、と思う。

話戻って、私はKurtの歌はすごい好きだったし、脱退以降も彼の動向には注目していた。ソロで曲を製作をしたり、いろんなバンドにフューチャーしたり、いろいろ試行錯誤していた。そして、Kurtは2010年の終わり頃、A Lot Like Birdsというバンドのボーカリストとしてバンドに加入。サウンドはDance Gavin Danceよりプログレッシブですが、Kurtの歌はすっとバンドに馴染む。クセはないが味のある、Kurtの声は本当に魅力的。なんだろう、個人的に好きな声なんだと思う。


ボーカリストには本当に様々な葛藤がある。孤独だし、難しいポジションである。私なんかに到底理解できない、悩みや喜びがある。それゆえ、試行錯誤し、自分の可能性を信じて新しいことにチャレンジし続ける。その葛藤を追うことってすごく面白いし、自分の好きなボーカリストの新たな可能性を発見できることに、私はリスナーとして喜びを感じる。素晴らしいボーカリストを知ってもらうために私もブログ書いたり、Twitterでいろいろつぶやいているので、これを読んでくださってる皆さんも是非、彼らを応援してほしいと思う。それは彼らに「あなたの曲が好きだ」とか、「これいいよ!」と友達に教えることで簡単にできると思う。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


Kurtの今までの経歴をまとめてみたので、Kurtの歌が気に入った方は是非チェックしてみてください。

●Five Minute Ride
http://www.purevolume.com/fiveminuteride
http://www.babelsound.com/five-minute-ride/

2002年結成のProgressive//Post-Hardmore/Emo。Kurtのクリーンパートと、スクリームパートを交互に持ってくる、この手のバンドだと王道の構成。のちにRise Recordsとも契約したっぽいです。現在は活動してない模様。このころのKurtは現在の声質とは違うピュアなクリーンボイス。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●O! The Joy
http://www.myspace.com/othejoymusic

2008年結成ということで、おそらくDance Gavin Dance加入直前にやってたバンドっぽいです。ちょっと情報が少ないですが、Progressive要素の少ない、ピュアなエモバンド。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●No Not Constant
http://www.facebook.com/pages/No-Not-Constant/134370803281093

現在もKurtが在籍する、Indie/Pop。しっとりと歌い上げるKurtの歌声もまた素晴らしい。ハイトーンなパートで若干ディストーションかかる独特の歌い方がたまらないですね。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●Dance Gavin Dance
http://www.myspace.com/dancegavindance

現在、オリジナルメンバーでニューアルバムをリリース。Kurtが参加したアルバムは"Happiness"のみ。またアルバム聴いたらレビューでも書きたいですな。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●A Lot Like Birds
http://www.myspace.com/alotlikebirds

最近、Kurtが加入したプログレッシブロックバンド。まだKurtが参加した音源が収録されたアルバムなどはないですが、YouTubeに動画が少しあるのでチェックしてみて下さい!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

その他、ソロ、フューチャーしたものなど、YouTubeなどにあるので、チェックを!