2011/02/01

A Day To Remember - What Separates Me From You (2010)

●A Day To Remember - What Separates Me From You (11/16 Release)
Label:Victory Records
http://www.myspace.com/adaytoremember

フロリダのPop Punk/Hardcore。前作「Homesick」がUS Indieチャートで1位を記録するなど、不動の人気を誇る彼らの4枚目のアルバム。

01 Sticks And Bricks
02 All I Want
03 It's Complicated
04 This Is The House That Doubt Built
05 2nd Sucks
06 Better Off This Way
07 All Signs Point To Lauderdale
08 You Be Tails, I'll Be Sonic
09 Out Of Time
10 If I Leave

今作も引き続き、New Found GloryのChadプロデュースということで、サウンドプロダクションは完璧。過去のタイトルに比べると、今作は様々なパートやアレンジが随所に感じられ、バンドとしてもさらにステップアップしたように思える。

ハードコアの影響を強く感じる、厳ついリフ、Jeremyのスクリームで熱くなる「Sticks & Bricks」、Bad Religion,No Use For A Nameなどをルーツに思わせるような哀愁漂う「All I Want」、Jeremyの歌が際立つスローナンバー「This Is The House That Doubt Built」、ストリートファイターのサンプリングも組み込まれたブレイクダウンパート盛りだくさんのADTR流ハードコアナンバー「2nd Sucks」など、非常にヴァラエティーに富んだ作品となっている。

とにかく、あっさりとこんな名盤を作ってしまう彼らにびっくりしました。さらなるステップアップを遂げた彼らの姿を来年は是非日本でもみたいものです。ひとつ残念なのは、PVにもなっている、「Right Where You Want Me To Be」が収録されてないことかな。「Attack of The Killer B-Side」という音源にしか入っていないようなので。